ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年01月25日

フィンボガソンとカイウビーの復帰時期はまだ未定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Training FC Augsburg
アウグスブルクがアルフレッド・フィンボガソンの復帰を待っているのは、何もここまで17試合で13得点にとどまっているためだけではない。負傷により長期離脱中のアイスランド代表FWは、いまだ復帰時期が不透明となったままなのだ。

同選手は恥骨炎に悩まされつづけており、ここ数週間は専門医の下を訪れ治療をおこなっている。「近く復帰はするとは思うのだが、しかしまだチーム練習復帰はわからないんだよ」と、マネージャーのロイター氏は明かした。

さらに9月から軟骨の問題により離脱が続くカイウビーについても、「チーム練習までは遠くはないと思うが我慢が必要だ」とコメント。

一方でラウル・ボバディジャについては、週末の試合でも出場を果たしているが、長期離脱の影響からまだ万全の状態ではなく、ロイター氏は「まだリズムをつかめていない。2週間ほどで取り戻せるかみてみることになるよ」との見方を示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報