ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月25日

カーニバルで盛り上がるケルンでのアウェイ戦に、バウム監督「難しい試合になる」

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末にケルンとの対戦を迎えるアウグスブルク。確かに最下位に低迷するクラブとの戦いではあるが、ここのところは3連勝をいきおいに乗っており、現在カーニバルで非常に盛り上がりを見せる敵地での試合を前に、マヌエル・バウム監督は「非常に難しい試合になる」との見方を示した。

特にケルンでは前半戦で大量に主力選手が負傷離脱するなど不運にも見舞われていたのだが、今はほとんどの選手が復調を果たしており、さらに今冬加入のジモン・テロッデが2試合で3得点をあげる活躍を披露。バウム監督は「まとまって止めにいかないと」と警鐘をならしたが、特にケルンのカウンターを避けるためにも、不用意なロストは避けていきたい。

なおこの試合からは、チームの得点王アルフレッド・フィンボガソンが「先発で復帰する」ことが見込まれている。アキレス腱の問題や病気などの影響で、満足に今冬の準備期間をすごせなかったアイスランド代表だが、今週はすべての練習メニューに参加。「試合前にこれができるのは理想的なことさ。」とプレスカンファレンスにて指揮官は喜びをみせた。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報