ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月17日

アウグスブルクの主将バイアーが、耳鳴りで練習不参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


MFダニエル・バイアーが、耳鳴りのために引き続き練習休養を余儀なくされた。アウグスブルクで主将を務めるバイアーは、先日行われたヴォルフスブルク戦でも欠場しており、火曜日も練習場に姿をみせていない。一方でアルフレッド・フィンボガソンとマルセル・ヘラーについては別メニューをこなしていた。

同選手は3月31日に行われたレヴァークーゼン戦にて問題を抱えた模様で、さらにマヌエル・バウム監督によれば「バイエルン戦でも問題を抱えつつプレーしていた。それが悪化していったんだ。早めに対処することで早期回復につなげたい」と説明。

マインツ戦で復帰を果たせるかどうかは、まだ不透明となったままだ。同様の状況にあるのが、内転筋に問題を抱えるマルセル・ヘラーと、ふくらはぎに問題を抱えるアルフレッド・フィンボガソンであり、両選手ともに火曜日は別メニューをこなす姿が見受けられている。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報