ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月29日

良い流れにあるアウグスブルク、フィンボガソンの復帰も間近に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週初めにはゴールキーパーの起用法をめぐり決断が迫られていた、アウグスブルクのマヌエル・バウム監督。そこで迎えたバイエルン・ミュンヘン戦では、ベテランGKアンドレアス・ルーテがマン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍を披露し、勝ち点1の確保に貢献。

 さらに昨シーズンに負傷離脱するまで、ブンデス得点王ランキング争いを演じていたアルフレッド・フィンボガソンが復帰間近に迫っており、その起用法についてもバウム監督は決断を迫られることになりそうだ。

 「今の所、アルフレッドは通常通りに練習参加を果たせているよ」と指揮官はコメント。これから負担に対する患部の反応を見極めながら、試合前日の土曜日の話し合い次第で起用の決断を決める考えを示した。

 いきなり先発出場の可能性も?「メンバー入りする以上は、どの選手にもその可能性はある」とバウム監督。つまりはもしも土曜日の全く問題がなく、順調に回復を果たしていれば、アイスランド代表FWは試合開始の笛の音をピッチ上で耳にする可能性もあるということである。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報