ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月25日

アウグスブルクのカイウビー、今度は遅刻で処分か

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アウグスブルクにおいてフィジカルなプレーをウリとする点取り屋、カイウビーは貴重な戦力となっているが、しかしながらピッチ外では問題児と化しており、今度は2度の遅刻を起こしていたことを、大衆紙ビルトが報じている。

 記事によれば30才のブラジル人FWは、RBライプツィヒ戦前のチームミーティングにも、そしてビデオ分析においても遅刻しており、最終的にその試合では先発出場していたものの、アウグスブルク側はチーム内でこのことについて話し合う考えだという。

 ただし本日水曜日の練習では、カイウビーは病気により不参加となっており、復帰時期、さらには週末に行われるハノーファー戦に間に合うかどうかについても未定のままとなっている。

 カイウビーの不祥事が伝えられたのは、今シーズンでこれが初めてのことではない。今夏に帰省先のブラジルから予定より1週間も遅れてチームへと合流。南チロル地方で行われたキャンプを不参加となっており、その後にチーム側から罰金処分が言い渡されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報