ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月25日

アウグスブルクのバウム監督「選手たちは意欲的」

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前回のハノーファーでのアウェイ戦では、3−1で勝利をおさめるなど、良い記憶の残るFCアウグスブルク。「相手よりも1点多く点を取れれば勝てるものさ」と語ったマヌエル・バウム監督は、「選手たちは再び勝ち点3を取ろうと意欲的だ。ここのところ見せているパフォーマンスを示したいと思っているところだよ。ドルトムント戦(3−4)で見せたような戦いができれば可能性はあるさ」と言葉を続けた。

 一方で、下位争いに甘んじているハノーファーについては「彼らには高い適応能力がある。そしてそう簡単に読めない相手だ。ハノーファーは注意しないといけない。まとまりのあるいいチームだ」と評価。ヨナタン・シュミットも「良いチームだと思うよ。そもそもブンデスでの戦いはどれも難しいものだ。勝ち点を得るには、とにかく全力を尽くさないとね。」と述べている。

 なお大衆紙ビルトが報じた、カイウビーの遅刻については、バウム監督は「2度遅れてきた。それは確かだ。そのことについてすでに謝罪しているし、彼とは密に話し合いをした。だからこのテーマはもう終わったことだ。ピッチ上では、彼は模範的だよ」と説明した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報