ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月29日

5試合で3度MOMに選出された、31才GKルーテ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


開幕前にはファビアン・ギーファーとの定位置争いにわずかの差で敗れ、開幕戦ではバックアップに甘んじていたアンドレアス・ルーテ。しかしマインツ戦とブレーメン戦での敗戦の中でギーファーがミスをおかすと、続く王者バイエルン戦ではルーテがチャンスを掴み出場。そこで1−1のドローへと持ち込むことに成功し、以後5試合では連続して先発出場を続けているところだ。

 そして31才のGKはそのうち実に3試合、バイエルン戦、ライプツィヒ戦、そして先日のハノーファー戦にてマン・オブ・ザ・マッチへと選出。そのハノーファー戦では、19分のベブーのヘディングを好セーブ、前半ロスタイムでのフュルクルークの決定機や、試合終盤でも崩れかけたところを持ちこたえてみせている。

 先制点をあげたラニ・ケディラは「良いゴールキーパーだね」と賞賛。ただその一方でルーテも、ケディラら守備陣の奮闘を讃えており、「僕は良い守備をみせてくれているチームの中の、その一部なんだ」とコメント。それがまさにうまく機能している部分であり、「今は自分の状態もとても良いね」と言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報