ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月21日

フィンボガソンが今季絶望に、ケディラは負傷交代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜日に行われたVfBシュトゥットガルト戦開始直前に、FCアウグスブルクはアルフレッド・フィンボガソンが、今シーズンの残り試合を全休することを明らかにした。ふくらはぎの腱に損傷がみられるアイスランド代表FWは、すでに木曜夕方には手術を受けていたという。

 フィンボガソンは今シーズンは負傷に悩まされ、今季はここまでリーグ戦18試合のみに出場。ただその中でも10得点をマークしており、チーム内では最多の数字を記録しているところだ。

 また古巣シュトゥットガルトとの一戦に臨み、開始11分に先制ゴールを決めていたラニ・ケディラについては、大腿筋の負傷のために前半37分にモラヴェクとの交代を余儀なくされており、今の所はまだ負傷に関する詳しい情報は明らかにされていない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報