ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月24日

フロリアン・ニーダーレヒナー、アウグスブルク移籍に向け移籍金交渉

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 SCフライブルクでの3年間では、ブンデス1部通算82試合に出場して、25得点をマークしてきたフロリアン・ニーダーレヒナー。特に2シーズン前では昇格組として臨んだフライブルクにあって、チーム最多となる11得点をマークするなど活躍を見せていたものの、今季はわずか4得点1アシストのみ。

 特にフライブルクでは、元ドイツ代表ニルス・ペテルセンがしばしば負傷離脱を余儀なくされていたにもかかわらず、ニーダーレヒナーにはわずか970分間だけの出場機会しか与えられなかった。確かに負傷離脱の影響もあったが、守備に対する要求に応えられなかった側面もあり、プレスに長けたルーカス・ヘフラーが重用されたという背景もある。

 そのためすでにニーダーレヒナーには不満の色が見えており、すでに移籍先としてチ・ドンウォンがマインツへと渡ったアウグスブルクが浮上。フライブルクとの契約期間は来季までとなっており、あとはクラブ間での移籍金交渉と見られているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報