ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月29日

アウグスブルク、フライブルクからニーダーレヒナー獲得

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りFCアウグスブルクは、SCフライブルクよりフロリアン・ニーダーレヒナーを獲得した。28才のFWは2022年までの契約にサイン。マルティン・シュミット監督にとっては、2015年のマインツ時代に次ぐ、2度目のニーダーレヒナー獲得に成功したことになる。

 ただそのマインツ時代では、ニーダーレヒナーにとっては思うように事は運ばず、公式戦わずか14試合の出場、無得点にとどまった後に、当時2部SCフライブルク移籍を決断した。

 そこで主力を務めて共に1部復帰を果たすと、その初年度には11得点2アシストの活躍をみせて昇格組ながら1部残留を達成。しかし2017年11月に膝に重傷を負いその後は残りシーズンを全休。今季は復帰を果たしたものの、主にジョーカーとしての起用にとどまっており、元ドイツ代表ペテルセンの離脱にもなかなか出場機会を得られていなかった。

 移籍の経緯について、同選手は「アウグスルブクとは、はじめから移籍したいと思っていたし、だから他の問い合わせはブロックしていたんだよ」と明かし、またマルティン・シュミット監督は、「非常に精力的にプレーする、良いメンタルをもった選手」の獲得に喜びをみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報