ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月17日

元アウグスブルクのバウム氏が、ドイツU20代表監督へ

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツサッカー連盟はドイツU20代表監督として、元FCアウグスブルク指揮官のマヌエル・バウム氏を招聘したことを決断したようだ。これはアウグスブルクの地元紙が伝えたもので、kickerでも確認がとれた。しかしながらドイツサッカー連盟側からは、正式な発表は行われてはいない。

 今年の4月はじめに、2年間監督を務めたFCアウグスブルクを解任となった同氏はフリーの状況となっており、これまでU20代表監督と務め、これからユースチーム全体の総監督を務めるマイケル・シェーンヴァイツ氏の後任を務めることになる。

 なお最近ドイツサッカー連盟では、ドイツU15代表監督としてマーク=パトリック・マイスター氏を、ドイツU18代表監督としてクリスチャン・ヴェルンス氏を招聘したことを発表しており、ドイツU19代表監督を務めているギド・シュトライヒスビア氏のU20代表監督就任の可能性も伝えられていたが、最終的にはそのままとどまることになりそうだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報