ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月27日

アウグスブルク、二人のドイツU21代表巡り苦心

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCアウグスブルクでは来季に向けた補強として、今季終盤から就任したマルティン・シュミット監督が1.FSVマインツ05時代に指導した愛弟子、レヴィン・エズトゥナリの獲得を模索しているところだが、しかしながら今夏にドイツ代表として参加しているU21欧州選手権での活躍を受け、スピードに長けたウィンガーを巡り争奪戦がヒートアップしている。

 また同じくリーグ戦終盤6試合で4得点3アシストをマークした勢いにのり、ドイツ代表としてU21欧州選手権に参加していたマルコ・リヒターについても、首脳陣は移籍金額次第では売却もやむを得ない状況にあることは理解していることだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報