ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月03日

カルロス・グスエソ、アウグスブルクでブンデス復帰

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1週間前にエクアドルにて伝えられていた、カルロス・グスエソのFCアウグスブルク移籍が火曜日に発表された。24才のMFは2024年までの契約でブンデスリーガ復帰を果たしている。

 2014年1月から2年間に渡りVfBシュトゥットガルトに在籍し、ブンデスリーガ18試合に出場した経験をもつ同選手は、「アウグスブルクでブンデスへの再挑戦の機会を得られたことを嬉しく思うよ」とクラブ公式ページにてコメント。最近3年間はMLSのFCダラスにて114試合に出場し、5得点7アシストをマークしていた。

 「ダラスで貴重な経験を積むことができた。それをぜひアウグスブルクで示したい」と意気込みをみせたグルエソについて、マネージャーを務めるシュテファン・ロイター氏は「カルロス・グスエソはうちのプレーチームのスタイルに非常にマッチすると確信している。ブンデスのことは若いうちにすでにしっているし、米国や代表チームで成長を遂げた。これからうちでも楽しませてくれることだろう」と期待感を示している。

 最近ではエクアドル代表の一員としてコパ・アメリカに参加していたグルエソは、グループリーグにて日本、ウルグアイ、チリ代表と対戦するも本戦出場は果たせていない。なおアウグスブルクとの契約期間は5年であり、移籍に関するそれ以上の詳しい情報については特に明かされていない。背番号は25。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報