ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月02日

フランクフルト、ヒンターエッガーを5年契約で獲得

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ここまで駆け引きが続いていた、マルティン・ヒンターエッガーを巡るアイントラハト・フランクフルトとFCアウグスブルク間での移籍交渉だが、ヨーロッパリーグ二次予選セカンドレグ、本拠地でのフローラ・タリン戦を控えた数時間前に、フランクフルトは同選手と5年契約を結んだことを発表した。両クラブの取り決めにより、移籍に関する詳しい情報は特に明かされていない。

 今冬にアウグスブルクからレンタルで加入していたオーストリア代表は、センターバックの主力を担いリーグ戦14試合に出場、ヨーロッパリーグでも4強進出へ貢献しており、これらの活躍からフランクフルト首脳陣は完全移籍での獲得を決断。ヒンターエッガー自身も移籍を希望していたのだが、アウグスブルクのマネージャーを務めるシュテファン・ロイター氏との交渉は、移籍金を巡っての駆け引きがつづいていた。

 「マルティンは後半戦において、その判断が正しかったということを実証してくれた。」と、フランクフルトでマネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏は賛辞をおくり、一方のヒンターエッガーも「僕にとってフランクフルトはとても大きな存在になっていった。この半年は信じられないほどのものだったし、ここでとても居心地よく過ごせているよ」と喜びを述べている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報