ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月15日

アウグスブルク、アルフレッド・フィンボガソンと延長

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCアウグスブルクは木曜、アルフレッド・フィンボガソンとの契約を延長したことを発表した。アイスランド代表との新たな契約期間は、2022年までの設定されている。2016年に加入して以降、これまでブンデス1部67試合に出場して32得点をマークするなど、まさにオフェンスを牽引する活躍をみせてきた同選手。

 今回の延長について「アウグスブルクで3年以上過ごしてきた中で、確かに何度か負傷に見舞われたけど、でもサッカーとしてのキャリアの中で最高の時を迎えた」と述べ、さらに「二人の子供もアウグスブルクで生まれており、この環境でとても居心地よく過ごしているんだ。だからこれからもアウグスブルクとともに歩んでいけることを嬉しく思う」と、喜びを語った。

 一方でマネージャーを務めるシュテファン・ロイター氏も、「アルフレッド・フィンボガソンがアウグスブルクの進む道へ確信を抱いてくれたということは、1つの素晴らしいシグナルを送れたことを意味するよ」と評価している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報