ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月19日

アウグスブルク、リヒトシュタイナー獲得間近

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏に守備陣の補強の必要性を感じることは、何もFCアウグスブルクが開幕戦にて、ボルシア・ドルトムントに1−5と完敗を喫したためだけではない。そんななか今夏の移籍市場も残り2週間となったところだが、国際経験豊富な大ベテランの獲得間近にまで迫っていることが明らかとなった。35才のシュテファン・リヒトシュタイナーだ。

 2011年から7年にわたりユベントスにてプレーした同選手は、そこでセリエA236試合に出場して13得点をマーク、通算7度のリーグ制覇も達成している。そして昨季ではFCアーセナルでプレーし、リーグ戦20試合に出場。また国際舞台ではスイス代表として105試合に出場しており、チャンピオンズリーグでは36試合、ヨーロッパリーグでも19試合に出場。

 なおアウグスブルクでは今シーズン、SCフライブルクへヨナタン・シュミットが復帰しており、右サイドバックの穴埋めが求められていた。ちなみに初戦敗退となった先日のドイツ杯、そして開幕戦のドルトムント戦でもゲオルグ・タイグルが出場していたものの、あくまで緊急の措置であることに変わりはない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報