ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月11日

イェドヴァイは大事に至らず、ウドゥオカイは水曜から復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 大腿筋の問題により、アウグスブルクへと先週のうちの戻っていた、クロアチア代表ティン・イェドヴァイ。「軽く引っ張った感覚があり、2日練習に参加して、出場に向けて良い感覚を覚えられなかったんだ」と、マルティン・シュミット監督は離脱について説明。そのため、週末のフランクフルト戦では、再びオプションとなることができそうだ。

 またこの日は、胃腸の問題により、フェリックス・ウドゥオカイが練習不参加となっていたが、しかしながら水曜日には再び練習参加の見通し。しかしながらそれでも、週末の試合でイェドヴァイ/ウドゥオカイが、CBコンビを形成することは確実ではない。リヒトシュタイナーが出場停止のために、前節の後半でイェドヴァイは既に右SBでプレー。加入前にはレヴァークーゼン時代に叶わなかった、CBで固定してプレーすることを口にしていた同選手だが、今回も右SBでプレーする可能性があるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報