ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月27日

アウグスブルクの問題児カイウビー、今度は暴行事件で罰金

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アウグスブルクの区裁判所は金曜、カイウビーに対して傷害により罰金4万9500ユーロを命じる判断を下した。判決によればFCアウグスブルク所属のベテランFWは、夜に友人らと共にクラブへ向かった際に、ある男性の頭を殴打したという。

 この判断は多くの目撃情報に基づくものであり、カイウビー側はこれに対して特にコメントはしていない。そのため判決に対して異議申し立てを行うかどうかについては、不透明となったままだ。

 31才のブラジル人とFCアウグスブルクとの契約期間は今季いっぱいまでとなっているものの、過去に度重なる規律面での問題を巻き起こした結果、昨季後半戦ではスイス1部グラスホッパーへとレンタル移籍。今夏より再びアウグスブルクに戻ってきたものの構想外の状態となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報