ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年03月09日

アウグスブルク、マルティン・シュミット監督解任を発表!

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 最近の9試合で7敗という事態を受け、FCアウグスブルクは月曜、マルティン・シュミット監督を解任する判断を下したことを明らかとした。このままでは「ブンデス1部残留をおびやかすもの」とみており、「決して容易な決断などではない。しかしここ9試合で勝ち点4という状況を受け、監督の変更という結論へと至ったのだ」と、競技部門シュテファン・ロイター代表は説明した。

 一方のマルティン・シュミット監督は、「今回のクラブ首脳陣による判断を受け入れるし、これまでの信頼と与えてくれたチャンスへの感謝の気持ちを伝えたい。勝ち点は思うようについてこなかったとはいえ、何か爪跡を残していけたならばと願っているし、新たな刺激をもたらすことが功を奏するように願っているよ」と語っている。
 
 昨シーズンの終盤より、マヌエル・バウム監督の後を受ける形で就任したシュミット監督は、リーグ戦残り6試合で入れ替え戦となる16位まで勝ち点差4という状況から、2勝1分3敗の成績で全く同じ状況のままフィニッシュ。今季は前半戦を11位にて折り返していたものの、残り9試合という時点で入れ替え戦となる16位まで勝ち点差5、自動降格圏内となるブレーメンまで勝ち点差9という状況にある。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報