ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月19日

無断外出問題のヘアリヒ監督、陰性確認で現場復帰

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCアウグスブルクは、ハイコ・ヘアリヒ監督は2度のコロナ検査により陰性が確認された結果、「今日からチームでの仕事を再開しました」と、クラブ公式ツイッターにて報告した。

 ヘアリヒ監督は初陣となるはずだったヴォルフスブルク戦に向けたプレスカンファレンスにて、ブンデスリーガの規約に反する宿泊先からの外出を認める発言を行っており、その後にクラブ側からは出場停止の旨が、そしてヘアリヒ監督自身からは謝罪の言葉が伝えられていた。

 そしてルールに従い、ヘアリヒ監督は週末と週明けの2回にわたってコロナ検査を実施。そこで共に陰性が確認されたことを受けて、再び現場復帰を果たしている。特にこれ以上のことがなければ、おそらくはヘアリヒ監督は今週末のシャルケ戦にて、ようやく自身の初陣を飾ることになるはずだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報