ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月03日

アウグスブルクのルーテ、結果的にウニオンと交換?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 新シーズンに向けたFCアウグスブルクの初日、そこにアンドレアス・ルーテの姿は見受けられなかった。kickerが得た情報によれば、その行先は1.FCウニオン・ベルリンの模様。ただ移籍が完了したということではなく、そのためクラブ側も沈黙を保ったまま。ただ確かなことはウニオンでは、そのアウグスブルクに加入したラファル・ギキーヴィツの穴埋めの必要の駆られており、ブンデス2部ハンブルガーSVとの交渉は移籍金200万ユーロ付近が課題となり頓挫しているということ。

 なおリーグ戦再開後には先発GKとして活躍を披露し、不振のコウベクの穴埋めをきっちりと果たす形でブンデス残留に貢献していた33才の移籍については、アウグスブルクファンからも批判の声が挙がっているものの、契約はまだ残されているなかでウニオンは移籍金なしで獲得できる模様。さらにこの日は同じく新天地を模索しているベテランGK、ファビアン・ギーファーは2部ヴルツブルクと2年契約を結ぶと見られている。

セルヒオ・コルドバは昇格組ビーレフェルトに?

 またFWについても、今季ブンデス1部昇格を果たしたアルミニア・ビーレフェルトが、セルヒオ・コルドバの獲得に向けて関心を示している模様。なおビーレフェルトではすでにバレット、ゲバウアー、メディーナ、ニーマンと4人の新戦力獲得を発表しており、コルドバはその5人目となる可能性がある。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報