ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月04日

ウニオン、ギキーヴィツの穴埋めにルーテを入れ替えで獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 事態は素早く展開を見せた。月曜正午過ぎにアンドレアス・ルーテの1.FCウニオン・ベルリンへの移籍が取り沙汰され、そしてその日の夕方にはクラブ側より正式な発表がなされている。ウニオンでは守護神ラファル・ギキーヴィツ(32)が契約満了に伴い退団、FCアウグスブルクへと移籍しており、今回はそのアウグスブルクから33才のベテランを穴埋めとして迎えいれる決断を下した。

 「長いことウニオンのことは知っているし、ここ数年でポジティブな発展をみせており、非常に集中してチェックしていたよ」と、ルーテはコメント。「首脳陣との話し合いのあとで、すぐにベルリンに来たいという気持ちになった。新しい街で迎える新しいクラブでの、新しいタスクにワクワクしているところさ。クラブが良いシーズンを過ごせるように貢献していきたい」と、意気込みを語っている。

 マネージャーを務めるオリヴァー・ルーネルト氏は「ブンデスを熟知し、非常に経験豊富な、昨季にそのクオリティをブンデスの舞台で発揮している素晴らしいGKを迎え入れることに成功した」と評価し、「彼の持つカリスマ性や存在感といったものは、2年連続ブンデス残留という、我々の目標に大きく貢献してくれるものと期待している。彼がウニオン入りを決断してくれてよかった」と、喜びをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報