ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月17日

アウグスブルク、クラブ関係者からコロナ陽性

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ開幕戦を目前に控え、FCアウグスブルクはコロナ検査の結果、コーチングスタッフの中の一人から、コロナ陽性反応が確認されていたことを明らかにした。しかしながら開幕戦の開催を危ぶむものではないという。

 該当者は家庭環境内にで症状が発生した後、即座にチームドクターに相談し、それ以降の接触はなかったとのこと。FCアウグスブルクが水曜日に発表したところによれば、チームとは別にテストが行われたようだ。

 そのため現在では自宅隔離の中で過ごしているところであり、先日行われたドイツ杯初戦も不在。それ以来の選手とコーチングスタッフはすでに、2度のコロナ検査を受けて全員から陰性が確認。念のためにアウグスブルクは、追加のテストを実施したと発表している。

 シュテファン・ロイター競技部門代表は、「衛生対策に厳密に沿った対応を、完璧に実施する事ができた。これは対策がしっかりと機能していることを示す結果でもある」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報