ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月04日

アウグスブルク、ヘアリヒ監督の代役はメタクサスAC

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 本日日曜午後に行われるVfLヴォルフスブルク戦では、FCアウグスブルクの指揮をイラクリス・メタクサスACが務めることが明らかとなった。ハイコ・ヘアリヒ監督は木曜から金曜にかけた夜中に気胸を患っており、今もなお入院して治療を受けているところ。退院時期も「今後の経過次第」とのことで不透明のままだ。

 なお昨季終盤より就任したヘアリヒ監督だが、その就任当初にコロナ対策違反のた出場停止を命じられており、今回はそれに続く欠場ということに。いまのところはまだ復帰の目処はたっていない。ちなみに今季のアウグスブルクは、開幕から2連勝、勝ち点6を確保するなど開幕ダッシュに成功している。

 また前回に代役を務めていたのはアシスタントのツェルナー氏だったが、今回は今夏より加入した2008〜2010年にドイツユース代表やボーフム時代にヘアリヒ監督と共に仕事をした、旧知の仲であるメタクサス氏が代役を担うことに。ヘアリヒ監督は病気となるまではこの試合に向け準備を進めていたため、あとはコーチ陣でその役割を分担し試合へと臨む。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報