ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月06日

アウグスブルク、アスタがフュルトへ。来季のため若手CBを獲得

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCアウグスブルクよりジモン・アスタが、ブンデス2部グロイター・フュルトへと移籍することが、月曜日に発表された。契約期間は2年で、さらに1年間の延長オプションも付随している。クラブ史上最年少デビューも飾ったドイツユース代表は、十字靭帯断裂にも苦しめられており、これからはブンデス2部で再起をはかることに。

 その一方でFCアウグスブルクでは将来に向けた補強を展開。センターバックを主戦場とするレフティ、フレデリク・ウィンターを、移籍金およそ100万ユーロで獲得した。しかしながら19才の若手DFは今季いっぱいまでは引き続き、デンマーク1部リンビーBKに留まり実戦経験を積んでいく。アウグスブルクとの契約は2025年まで。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報