ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月02日

アウグスブルク、ハーン復調もフィンボガソンは欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2連敗で年越しを迎え、リーグ戦では11位につけているFCアウグスブルク。それでもハイコ・ヘアリヒ監督はこれから迎える1.FCケルン戦に向けて、前向きに臨めているという。その理由は一体なんなのか?「その1週間で非常に良い練習ができたとき、実際にピッチ上でも非常に良いパフォーマンスをみせられるものだ」と、指揮官はコメント。改めて年末年始の1週間について「よかった」と強調した。

 またアウグスブルクにとってのもう1つの朗報は、アンドレ・ハーンが戦列復帰を果たしたことだろう。ここまでバルガスと共にチーム2番目となる3得点中の元ドイツ代表は、昨年12月はじめにコロナ感染が確認されて残り年内を欠場。しかしすでに復帰を果たしているという。ただアルフレッド・フィンボガソンについては、まだ練習復帰はできておらず、「オプションにはならないだろう」との見通しを明かしている。「見極めていかないと、我慢も必要だ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報