ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月10日

アウグスブルク、イアゴが月曜に足首を手術

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCアウグスブルクはこれからしばらくの間、イアゴを欠いてシーズンに臨むことを余儀なくされた。ブラジル人サイドバックは月曜日に右足首の手術を受けており、そのため引き続きマッズ・ペデルセンが代役を務めることになる。

 イアゴはドルトムント戦にて負傷を抱えており、先週末のヴォルフスブルク戦では欠場。手術を回避する形での保存料による回復を目指していたのだが、思うような回復は見受けられず、最終的に活性化した遊離関節体を除去するための手術を、月曜に受けたことをクラブ側が発表した。

 昨夏にPSVへと移籍したマックスの後釜として、ここまで14試合出場し1得点2アシストを記録していたイアゴは、クラブ公式を通じて、「医師からは手術は無事成功したと聞いている。だからこれから臨むリハビリを順調にこなしていき、一刻も早くチームへと復帰できるよう願っているところだ」と語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報