ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月24日

フィンボガソン、まだ復帰時期は「なんとも言えない」

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 再び1月下旬から離脱へと入っている、FCアウグスブルク所属アルフレッド・フィンボガソン。ふくらはぎに抱えた負傷は、当初の思惑よりも長引くこととなり、今回迎えるドイツ代表戦にもアイスランド代表へ辞退。アウグスブルクのロイター競技部門取締役は、今回の代表戦期間明けにも復帰は果たせないとの見通しを明かした。「彼の復帰時期を口にするのは、まだ難しい状況だ」

 当初は短期間の離脱を見込んでいたフィンボガソンは、2月に入って早期の復帰を希望し負荷を増していこうとした矢先、負傷していたふくらはぎへと問題を抱えており、別メニューにて調整を続けているところ。代表戦期間後には、チーム練習復帰を目指している段階であり、同選手は「先週はとてもポジティブな感じだった。トンネルの出口は見えてきている」と、地元紙アウグスブルガー・アルゲマイネ紙へと語った。

 さらにアウグスブルクではイアゴ(足首の手術)、フレデリク・イェンセン(大腿筋の問題)、ヤン・モラヴェク(筋肉系の問題)らも我慢を知られている状況にあり、ロイター氏はいずれの選手にしても「代表戦明けでは、まだ期待はできない。チーム練習に参加できていないのだから。それにプレッシャーをかけてもしょうがない。まずはしっかりと回復してくれないと」と強調している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報