ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月31日

アウグスブルク、イアゴとイェンセンが部分的にチーム練習参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCアウグスブルクの練習場へ、長期離脱中にあった2選手の姿が再び見受けられた。右足首の負傷して1月末から離脱していたイアゴと、足首の負傷で前半戦から長期離脱し、復帰から間も無くして大腿を負傷していたフレドリク・イェンセンは、再びチーム練習へと部分的に参加。だがそれでもまだ、週末に控えるTSGホッフェンハイム戦までに間に合うかについては、疑問符がつくところ。

 またハイコ・ヘアリヒ監督は、アルフレッド・フィンボガソンとヤン・モラヴェクについても、慎重な姿勢をみせているところ。先日行われたハイデンハイムとのテストマッチでは、両選手ともに負傷以来はじめて実践復帰を果たして短時間プレーしていたが、「今は安定していることが重要」年期間。今節のメンバー入りには否定的な見方を示しており、イェンセンやイアゴにも同様の決断が下されることになるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報