ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月02日

ヴァインツィール監督、ドルシュ獲得を熱望

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCアウグスブルクのマルクス・ヴァインツィール監督は、ニクラス・ドルシュ獲得を切望していることを明言した。46歳の指揮官は新シーズンへの再始動日となった木曜、U21欧州選手権にて優勝を果たしたMFについて「私が彼を高く評価していることは決して秘密にすることでもない。しかしそれはそのほかの多くのコーチにとっても同様だろう」と、練習終了後にコメント。

 特に最近では同選手は、先日のU21欧州選手権のように「タックルや守備面で多いに成長した姿をみせている」とコメント。「彼は若いチームを牽引して、道を切り開いていき、それが優勝へとつながった要因の1つにもなった。メンタリティのある選手であり、多くのものをチームにもたらしてくれることだろう」と言葉を続けている。

 ドルシュはベルギー1部KAAヘントとの契約を2024年まで結んでおり、アウグスブルク以外のブンデスリーガ、さらには国外からなど多くの関心も寄せられているところ。ただそれでもヴァインツィール監督は「ホイビェリ、ミリク、マックスなど、これまで多くの若手選手に活躍の場を提供してきた」ことが争奪戦で有利に働くとみており、「若手選手に重要なことはプレーすること。ここにはいいチャンスがある」と付け加えた。

 特に今夏にアウグスブルクでは、中盤を担っていたラニ・ケディラがフリートランスファーにて、1.FCアウグスブルクへと移籍。その守備面における穴、そしてリーダーシップという点を埋められるボランチの獲得を必要としていることからも、ドルシュはまさにその求める選手像へマッチした選手だといえるだろう。ただ問題はドルシュも同じ感覚をもつか否か、だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報