ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月13日

アウグスブルク、スタニッチを今度はヴィースバーデンにレンタル

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス3部SVヴェーエン・ヴィースバーデンは、ヨゾ・スタニッチを獲得したことを火曜午前に発表した。22歳のディフェンダーは、FCアウグスブルクより期限つきで加入。今回の期間は1年となっている。

 アウグスブルク出身でドイツとクロアチアのパスポートを有するスタニッチは、まだトップチームの壁は破れておらず、昨季も3部FSVツヴィッカウへレンタル移籍し、それが功を奏して36試合に出場。1試合を除き全て先発出場を果たしていた。

 ファーニー競技部門取締役は「CBのみならず右SBでもプレー可能。昨年ツヴィッカウで力強いプレーをみせており、伸び代がある。」と評価。一方のスタニッチは「熱心に獲得に動いてくれたし、首脳陣からの話は説得力があった」と述べ、「ここでさらに成長できることを嬉しく思うし、胸を躍らせている」と意気込みをみせている。

元アウグスブルクのク・ジャチョル、アル・ガラファ退団

 2年間在籍したアル・ガラファを退団し、元ブンデスリーガーのク・ジャチョルが、ドーハの地を後にすることが明らかとなった。ただかつてアウグスブルク、マインツ、ヴォルフスブルクでもプレーした32歳の韓国人MFの行き先については、まだ明かされていない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報