ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月15日

ダンソがアウグスブルクに移籍を直訴、夏季合宿地から離脱へ

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCアウグスブルクへ、ケヴィン・ダンソを巡る騒動が勃発した。22歳のディフェンダーは木曜午前、クラブ関係者へこれ以上のプレーや練習が行えないことを伝え、クラブ側は同選手をキャンプ地から離れさせる判断を下したのだ。

 ダンソはこの夏の移籍を希望しているところであり、昇格組フュルトからの関心も伝えられていたものの、今のところはまだアウグスブルク側では納得できない状況だが、しかし数日前よりフランス1部のRCランスから、数百万ユーロ規模のオファーが届いているとも言われている。

 確かに最近2シーズンでは、サウサンプトンやデュッセルドルフへとレンタル移籍を繰り返してはいたものの、ただ現在はウドゥオカイが五輪参加のため、そしてオックスフォードが半月板の手術のために不在ということからも、ヴァインツィール監督はダンソの放出について「考えられない」とコメント。

 ロイター競技部門取締役も「彼にとても満足している」と述べており、実際に少なくともこの準備期間においてはアピールの機会があったはずだが、どうやらダンソ自身は異なる考えで移籍を希望、少なくともこの機会を棒に振る結果となってしまったようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報