ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月19日

18名のみのドイツ五輪代表、今度はリヒターがパスポート紛失!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツ代表として東京五輪参加中のマルコ・リヒターに衝撃が走った。FCアウグスブルク所属のMFが、なんとパスポートを紛失してしまったというのだ。これにより一体、どういったところにまで影響を及ぼすことになるのか。今のところはまだ明らかにはなっていない。

 和歌山の合宿所から、再び東京へと向かう飛行機へと搭乗する前、リヒターは自らのパスポートを紛失していることに気がついた。そしてそのままクンツ代表監督ら一行は、初戦ブラジル戦が控える横浜へと到着するも、パスポートが発見されることはなかったのである。

 日曜夕方にマックス・クルーゼと共にインスタグラムに登場したリヒターは、「どこかで見つかるかもしれないと希望している」とコメント。そしてチームマネージャーを務めるドミニク・ホルシュ氏は、日本から出国するまでに別の書類を手に入れるため全力を尽くすと、リヒターへ約束してくれたという。

 そして東京へのフライト数時間前からSNSの動画にてリヒターの状況を報告していたクルーゼは、「僕たち全員が、誤ってポケットに入れていないか、スーツケースの中の確認なども行わなくてはいけなかったんだ」と明かしており、「僕たちは空港にいるんだけど、たぶんマルコをおいて飛ぶんじゃないかな」と笑顔でコメント。「パスポートが見つかるよう願っているけど、それができなければ僕たちは17人だ」と言葉を続けたが、その事態だけはリヒターはなんとか免れることができたようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報