ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月25日

アウグスブルク、スイス代表バルガスと2025年まで延長

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCアウグスブルクは日曜、ルーベン・バルガスとの契約を2025年夏まで延長したことを発表した。今夏スイス代表としてユーロ2020に出場していた同選手との契約は、それまでは2024年6月末日までに設定されていた。

 ロイター取締役は「加入からこの2年で、バルガスは素晴らしい成長を遂げた。そのパフォーマンスは報われるべきと考え、今回の契約更新を申し出た」と説明。「ユーロで素晴らし戦いをした後、我々との長期契約を結んでくれるというのは素晴らしいシグナル」と喜びを見せている。

 一方のバルガスは、「アウグスブルクから前倒しでの契約更新を、申し出てもらったことを嬉しく思うよ。これは僕がこの数年に渡りこのチームの力となり、アウグスブルクでさらに成長していけると、クラブ首脳陣が信じてくれている表れだと思う。その期待にパフォーマンスで応えていきたい」と意気込みをみせた。

 2019年よりFCルツェルンからアウグスブルクへと移籍後、ここまでブンデス63試合に出場しているバルガスは、その中でここまで12得点5アシストを記録。さらにドイツ杯にも2試合で出場しており、1得点1アシストをマークしているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報