ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月02日

アウグスブルク、ブキャナンが市場に出るのは冬か

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 現在も引き続きタジョン・ブキャナンの獲得を目指しているFCアウグスブルクだが、しかしながらスポルティング、ポルト、ランス、ブルッヘなどの競合というだけでなく、時間という点においても我慢を求められることになるかもしれない。

 所属するニューイングランド・レボリューションは、ランスから提示された300万ユーロに断りを入れたとも言われ、ブルース・アリーナ監督は「シーズン中での選手の売却に関心はない」とコメント。

 MLSでは現在、そのニューイングランド・レボリューションが26試合中16試合を終えて、イースタンカンファレンス首位に立っており、そのなかでポリバレントなアタッカーは12試合で3得点をマーク。今は移籍金よりもタイトル獲得に関心を抱いているようだ。

 そのため主に右サイドの前方でプレーしているが後方も可能、さらにゴールドカップではカナダ代表として主に左サイドでプレーする同選手の獲得は、冬までまたなくてはならないかもしれない。なお移籍金額は400万ユーロとみられているところ。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報