ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月16日

アウグスブルク、東京五輪の影響でウドゥオカイが引き続き欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に控えるボルシア・メンヒェングラードバッハ戦では、FCアウグスブルクは予想通りフェリックス・ウドゥオカイを欠いて臨むことを余儀なくされる。同選手はウニオン・ベルリン戦でも欠場しており、「背中から放射線状に伸びる筋肉に問題を抱えているんだ。いつまで続くかはわからないし、今は時間を与えるしかない」と、ヴァインツィール監督は説明。その要因となったのは、今夏に参加した東京五輪での、最初の数試合での負担にあったようだ。 

 その一方でCBでは主将ジェフリー・ハウウェーレウがオプションに。内転勤に負傷を抱えていた同選手は先週末に復帰しており、「そのキャプテンを担っていることからもわかるだろう。ベルリンの試合では彼のおかげで安定感が増していた」と指揮官。この試合ではオックスフォード、グムニーと共に3バックを形成しており、今回のグラードバッハ戦でも同じく採用するかについては、ヴァインツィール監督は明言を避けている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報