ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月07日

アウグスブルク、シュトローブルが長期離脱か。ニーダーレヒナーも負傷交代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜午後に行われたVfLヴォルフスブルク戦にて敗戦を喫し、最下位からの脱出を果たせなかったFCアウグスブルク。さらにこの試合ではトビアス・シュトローブルが負傷、長期離脱の恐れもでてきており、さらにフロリアン・ニーダーレヒナーも負傷交代を余儀なくされている。

 前半終了間際にレナト・シュテッフェンによるファウルで、右膝を負傷したシュトローブルは、現在もまだ正確な診断結果は出されてはいないものの、「見立ては決して良いものではない」と、ヴァンツィール監督は説明。ロイター取締役も離脱は「かなり確実性が高い」としつつ、ただ「診断結果が出ない限りは希望を失わない」ことを強調。なお日曜日に検査を受け、遅くとも月曜日にはその結果を知る事になるようだ。

 ただその一方でニーダーレヒナーについては、そこまで悲観的にはみていない模様。先週末にヘルニアから復調を果たしたばかりのベテランFWは、途中から投入されたその10分後に、シュートを試みた際にボールではなく相手DFボルナウを蹴って左足を負傷。ボルナウは即座に交代、またニーダーレヒナーも、20分後に交代しており、ロイター氏は「長期離脱にはならないよう期待している」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報