ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

スカパー!ソース: |  2022年03月14日

アウグスブルク、グムニーとウドゥオカイの復帰が迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 対戦相手である1.FSVマインツ05へクラスターが発生したために、試合のない週末を過ごすことになった、FCアウグスブルク。これから次節に控えるVfBシュトゥットガルトとの残留を争う重要な直接対決に臨むことになるのだが、この試合から2人の主力ディフェンダーは復帰を果たす可能性がある。

 2月はじめに足首の靭帯を断裂した、23歳の右サイドバックのロベルト・グムニーは、すでにチーム練習への復帰を果たしているところであり、本来ならば週末のマインツ戦からメンバー復帰を果たす見込みとなっていた。だがそれでも今季開幕から20試合で先発常連となっていた同選手も、まずはベンチスタートということになるだろう。

 現在ヴァインツィール監督はそれまでのシステムから、3バックへと変更し右サイドバックには攻撃的なダニエル・カリジュリを起用。そこでベテランは輝きを解き放っており、ビーレフェルト戦では勝ち越し点も挙げているところ。一方でもう1人の復帰選手フェリックス・ウドゥオカイ(右足首の靭帯2本の断裂)については、同様の理由からむしろ需要の高まったCBで先発にて復帰する可能性がある。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報