ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月04日

フライブルク:キェレー、堂安に続き、グレゴリッチュ獲得も模索

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCアウグスブルクのエンリコ・マーセン新監督は、就任前より新たなストライカーの模索を視野に入れていたが、どうやらその数は2人に増加しなくてはならないようだ。kickerが得た情報によれば、SCフライブルクはミヒャエル・グレゴリッチュの獲得を模索。ダニエル・コフィ・キェレーをすでに獲得し、さらに堂安律の獲得も迫る中で、数百万ユーロの一桁台の金額を用意しているようだ。ただしクラブ間での合意はまだない。

 グレゴリッチュとFCアウグスブルクは契約を来年夏まで残しているところであり、そしてグレゴリッチュ自身が契約延長を望んでいないことから、クラブ側は売却か否かの判断を迫られているところ。オーストリア代表FWは昨季後半戦だけで7得点を決めており、2部降格の危機にあったクラブを救う活躍を見せていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報