ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月05日

乾貴士の元同僚ハイロヴィッチが今季絶望の重傷

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hajr800-1480873745
週末のインゴルシュタット戦で勝利を収めたブレーメンだったが、その一方で残念な知らせも届いた。イゼト・ハイロヴィッチが膝を負傷、「おそらくシーズンは絶望だ」との見通しをマネージャーのバウマン氏が明かしている。

この日に得点を挙げたクルーゼと交代で入ったハイロヴィッチだったが、その11分後にバルテルスからのセンタリングに合わせたところで負傷。そのままピッチから運び出されている。そしてその後に受けた精密検査の結果、前十字靭帯を断裂したことが明らかとなった。

「残念ながら恐れていたことが現実となってしまった。とても残念だよ。早期の回復を願う」と同時に、バウマン氏は完全バックアップを約束。一方のハイロヴィッチは「とても残念なことだ。精力的に取り組んで、フィジカル面ではとてもいい感じだったからね」と肩を落とした。

2014年にガラタサライからブレーメンに加入したハイロヴィッチは、その翌年にエイバルへとレンタル移籍しフランクフルトから加入した乾貴士と同僚に。今季は再びブレーメンでプレーしており、ここまで13試合中10試合に出場、1得点を挙げkicker採点平均3.58をマークしているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報