ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月13日

ヌーリ監督「喜びは大きかった」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_3574
アレクサンダー・ヌーリ(監督:ブレーメン)
…ヘルタ戦勝利後の雰囲気について

いい感じよ。いい雰囲気のまま練習に打ち込むことができている。ただ緊張感と集中を失ってはならないし、安堵している場合ではないのだ。順位表を見ればわかるが大混戦なのだから。

…五輪スタジアムでの歓喜について

それはとても大きなものだったし、選手たちの努力が報われる結果となって嬉しいよ。

…残留争いでのプレッシャーについて

ブンデスリーガでの戦いの中で、プレッシャーは功をそうするものなんだ。それによってチームは、力の限界まで出していくことになる。

…年内の残り2試合について

我々の集中はケルンとホッフェンハイムへと向けられている。両チームともに、今季は好調なそれにひシーズンを戦っているところだよ。ここのところの結果を見れば、いかに厄介な相手なのかわかるはずだ。ただ別の見方をしていくならば、我々はどんな相手にしたって戦えるというところをみせている。

…最近問題視していたフィットネスの問題について

そのことについてはみんなで取り組んでいるところだ。いい形でこれているように思うよ。ヘルタ戦ではしっかりと激しいプレーを、見せていたし、終盤までしっかりと相手と渡り合っていた。ただいま一度強調しておくが、あくまでフィットネスは一部のことであり、サッカーではいろんな要因が折り重なっているもにだよ。

…今週行うパフォーマンステストについて

だいぶ前から予定していたことなんだ。冬期休暇前に一度データを取っておきたくてね。選手たちに適宜マッチしたトレーニングを行わせることができるように。

…残り2試合の戦術について

そこまで変化が必要はないというのが、ここのところ試合でみせている印象だよね。どういった戦術が有効で、相手の穴をどう見つけていくか、これからチェックしてい、うもとになるよ。

…負傷者リストについて

グリリッチュは日々様子見だ。ガルシアは試合中に眼球にボールを受けたが復帰しているよ。アイラースとカルディローラは冬期休に間に合うだろう。

…今冬加入のデラネイについて

CMFで力を発揮する選手だ。スタミナと得点力をもっており、若くしてコペンハーゲンで主将を務めるような人格も持ち合わせている。彼との話あいはとてもうまく行っているのだが、しかし即戦力になというようなことを夢見てはならない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報