ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年01月08日

ブレーメン、グリリッチュを巡る駆け引き

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

grillitsch_800-1483798082
土曜午前に行われた練習で、フロリアン・グリリッチュが負傷により中断を余儀なくされるハプニングがあった。セットプレーの練習中に肩を捻挫したとの事で、マネージャーのバウマン氏は「大したことはなく、月曜から練習に参加できるよう期待している」との見方を示している。

だがブレーメンが抱えるグリリッチュに対する不安はそれだけではない。

若きオーストリア代表MFとの契約は今季いっぱいまでとなっており、すでに複数のクラブからの関心がつたえられているところだ。

バウマン氏は「彼の代理人とのコンタクトは欠かしていない」ことを強調。

今季は度重なる負傷によりkicker採点4.09と精彩を欠いているとはいえ、昨季は主力として25試合に出場した21歳のボランチを来夏で無償で手放すことは、ブレーメンの財政面で見れば1つの痛手だ。

ただしボランチというポジションに関してみれば、ブレーメンはすでにデラネイをコペンハーゲンから獲得している上、バルグフレーデやユヌゾヴィッチらが復調。さらに引退を撤回してシーズンに臨んでいる主将フリッツも、来季の状況次第ではさらに1年間の延長で合意するかもしれない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報