ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月09日

ピサーロ残留の可能性は?

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pizz800-1494338470
週末に行われるホッフェンハイム戦では、すでにクレメンス・フリッツとフロリアン・グリリッチュにとって、最後のホームでの試合ということになる。

現在負傷により離脱中のフリッツについては現役引退として、一方のグリリッチュについては今回の相手ホッフェンハイムに移籍金なしで加入することが確定ずみだ。

まだそれ以外の選手の去就については、今のところはまだ明確にはなっていないものの、先日かつてブレーメンで監督を務めた二人、トーマス・シャーフ氏とユルゲン・ボルン氏がそろって、ピサーロ残留を後押しする発言を行なっている。

マネージャーのバウマン氏も、すでにピサーロとの延長への希望については口にしてはいるのだが、「将来のことを考えなくてはならない」とコメント。「クラウディオはいまでもいい選手だが、しかしサラリーや定位置争いなど、すべてのパッケージがマッチしていないといけない」とも強調した。

つまりはこのまま欧州の舞台を逃してしまえば、それだけピサーロの出場機会の確保は困難ということになり、今季かぎりで退団する可能性が高くなるということになる。

確かにブレーメンでは主将のフリッツ、そしてピサーロという重要なベテラン2選手が移籍するということになるのだが、しかし経験という部分については昨季にドイツ代表クルーゼはじめ、モイサンデル、サネの30代CBを獲得。さらにベテランGKドロブニーも残留する可能性があるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報