ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月26日

【ブレーメン1−0ホッフェンハイム】DFB杯2nd

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【得点】
1−0:ベルフォディル(31分、デラニー)

【試合後コメント】
アレクサンダー・ヌーリ(監督:ブレーメン)「非常に精力的なプレーをみせ、相手にあまり自由を与えていなかったよ。総じて見て、納得のチームパフォーマンスだった。今回の試合は、勝利にふさわしかったと思っている。思っていたプランを実践できていたね」

イシャク・ベルフォディル(MF:ブレーメン)「本当は僕はトップ下の選手なんだけど、でもブレーメンではトップの位置でプレーしているね。でもそれに文句があるわけではないよ。自分の好みどうこうではなく、チームの助けとなれるところでプレーしたいと考えているんだ」

ルードヴィヒ・アウグスティンソン(MF:ブレーメン)「決して最高に美しい試合ではなかったさ。でも僕たちは気持ちで戦っていたよ。まさに戦って掴み取った結果だね。決して諦めることなく走り続け、そして戦いつづけたんだ。」


ユリアン・ナーゲルスマン(監督:ホッフェンハイム)「今回の敗退はまったくふさわしい結果ではない。前半に関しては、我々の方が相手を上回っていた。後半では、非常にいいプレーをみせていた時間帯もあったし。ブレーメンは予想通り、守備的に構えてきたね」

アレクサンダー・ローゼン(SD:ホッフェンハイム)「ブレーメンがみせていたのは、サッカーではない。」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報