ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月27日

DFB、ブレーメンに4万ユーロの罰金を請求

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


9月10日に行われたヘルタ・ベルリン戦で起こった問題に対して、ドイツサッカー連盟はヴェルダー・ブレーメンに対して賠償金4万ユーロを命じる判断を下した。

ベルリンでのアウェイ戦にてブレーメンの観客と職員らといさかいが発生、これにより何人かの職員と警察官が負傷したことがドイツサッカー連盟より明かされている。

さらにブレーメンの観客席では、ベンガル式の発煙筒が炊かれており、これら一連の案件を受けて4万ユーロの罰金が命じられている。ただし「1万3000ユーロまでは、セキュリティ改善のためのインフラ等への投資に使うことが可能であり、来年3月末日までに証明することが必要である」ことも伝えられた。

なおまだブレーメン側はこの判断の受け入れを発表してはおらず、24時間以内であれば口頭による審議の請求が可能。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報