ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月18日

ブレーメン、米国期待の若手FWサージェント獲得

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴェルダー・ブレーメンは激しい争奪戦の末に、17才の期待のアメリカ人FWの獲得に成功した。ジョシュ・サージェント。スペインで行われたトレーニングキャンプにて、U23の一員としてプレーした同選手は、2試合のテストマッチに出場して1得点をマーク。トーマス・デラニーは「大きくて力強く、いい選手だよ。大きな才能をもった選手だ」と賛辞を送っている。「ただしばらくは時間が必要だろうけどね」

だがいずれにせよセンターフォワードを本職とする同選手については、まず契約を結ぶためには18才となる今年の2月まで待たなくてはならず、トップチームのブンデスはおろか、U23が所属するブンデス3部での出場もできない。そのためしばらくはテストマッチと、ユースでの練習に参加していくことになる。

これから徐々に新たな環境、プレーのテンポなどにも慣れていかせる方針のフロリアン・コーフェルト監督は、「とてもいい動きを持っているし、キープ力もある。それにFWとしての直感的な反応もみせているよ」と評価。「ジョシュは間違いなくトップクラスの才能を持った選手だ」と期待感を示した。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報