ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月25日

古巣ブレーメン戦に臨むゼルケ「ゴールパフォーマンスを控える唯一のクラブ」

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に迎えるヴェルダー・ブレーメン戦は、そこでユース時代を過ごし、そしてプロの階段を駆け上がったダヴィー・ゼルケにとっては「特別な試合」だ。「僕はここの場所だけでは、ゴールを決めても決して喜びを爆発させないようにするよ」

昨年はブレーメンへの復帰も取りざたされたが、最終的には移籍金850万ユーロでヘルタ・ベルリンへと加入。再び敵として臨むヴェーザー・シュタディオンでの戦いを前に「バイエルン戦をみたけどとてもよかった。ホームでの素晴らしい後押しも受けるし、勝ち点が是が非でも必要な状況。難しい試合になるだろう」と予想している。

なおシーズン途中から指揮をとるフロリアン・コーフェルト監督のことについては「よく知っている」関係であり、「彼がスクリプニク前監督時代にビデオ分析を担当していてね。今は監督として素晴らしい仕事をしていると思う。今のブレーメンは別の表情をみえているよ、それは誰の目にお明らかだろう」と評価を述べた。

またヘルタ・ベルリンでの目標については「トップ10入りを果たすこと」を掲げており、勝ち点をとりこぼした試合もあったが「ドルトムント戦での戦いが力になる。練習でも自信が感じられるよ」とコメント。その一方で主将イビセヴィッチと定位置争いを演じているところだが、「先発が約束されてはいないけど、でもチャンスがあれば力を発揮してアピールしたいね」と意気込みをみせている。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報