ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月23日

ブレーメンの主将ユヌゾヴィッチが今季限りで退団へ

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


遂にズラトコ・ユヌゾヴィッチがブレーメンを後にすることを決断した。現在キャプテンを務める同選手との契約は今季いっぱいまでとなっており、加入6年目にして満了という形でチームを後にすることとなる。

ビルト紙が報じ、さらにkickerでも確認したところによれば、ユヌゾヴィッチはブレーメンの首脳陣に対して、契約延長を結ばない考えを伝えた模様。そしてまもなくしてクラブ側から、このことについて正式な発表がなされることになるだろう。

延長交渉にむけてのポイントとなったのは現在クラブ内では高級なサラリーを受け取っているその年俸の金額であり、3月なかばにはマネージャーを務めるフランク・バウマン氏は合意にむけ自信をのぞかせていたのだが・・・。

先日行われたシュトゥットガルト戦でベンチスタートとなっていたユヌゾヴィッチは、今季はここまでリーグ戦21試合に出場して2得点5アシスト、kicker採点平均3.47をマーク。これまでの通算ではリーグ戦185試合に出場してきた。

昨夏にもユヌゾヴィッチは移籍の流れにあり、トルコのトラブザンスポルと合意まづかにまっで迫っていたものの、最終的にはブレーメン残留を決断。だが今の所はまだ、来季の行き先については明らかにはなっていない。

なおすでにブレーメンは後釜候補の模索に着手しており、2部昇格の流れにあるニュルンベルクのケヴィン・メーヴァルト獲得が間近に迫っていると見られているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報