ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月14日

ブレーメンのFWハルニクが、筋損傷でドイツ杯初戦欠場へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヴェルダー・ブレーメンは少なくともドイツ杯1回戦については、マルティン・ハルニクを欠いて臨むことを余儀なくされた。フロリアン・コーフェルト監督によれば、今夏加入のベテランFWは「精密検査の結果、大腿筋裏に筋損傷を抱えたことが判明した」とのこと。そのため「ヴォルムス戦は欠場を余儀なくされる」
という。

 ハルニクは土曜日に行われたビジャレアル戦にて、後半開始から登場。そこでの試合終了前に負傷を抱えて後退を余儀なくされており、8月25日に行われる古巣ハノーファーとの開幕戦に出場可能かについては「まだ希望は残されている」とコーフェルト監督。

 またブレーメンでドイツ杯1回戦を欠場することになるのは、ハルニクの他にベテランGKのヤロスラフ・ドロブニー、そして今夏加入のケヴィン・メーヴァルト。両選手ともに今週は、別メニューをこなしながら徐々に負荷を増していく見通し。なおビジャレアル戦で膝に裂傷を抱えたセバスチャン・ラングカンプは、火曜日の練習では参加を見合わせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報