ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月29日

ブレーメンに朗報、マックス・クルーゼは大事に至らず

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ホームで迎えた開幕戦では、ハノーファーと痛み分けに終わり、さらに主将マックス・クルーゼが負傷交代するという結果に終わったヴェルダー・ブレーメン。週末に行われるアイントラハト・フランクフルトとの一戦を前に、コーフェルト監督は「楽しみだよ、ぜひ勝ち点3を確保したいね」と意気込みをみせた。

 そんな指揮官に1つの朗報が届いている。負傷交代していたマックス・クルーゼだったが、大事には至ってはおらず、週末のフランクフルト戦でもおそらくは再びオプションとなることだろう。

 「マックスは、明らかに良くなってきているよ。復帰は迫っている。木曜日にはチーム練習に参加できるだろうし、土曜日でもプレーできるかもしれない」

 さらにそのクルーゼと旧知の仲でもあるマルティン・ハルニクについても、筋肉系の問題から回復を果たし戦列復帰間近に迫っているところだ。「彼は昨季まさにうちのチームに不足していた深い位置に侵入して相手守備陣の裏を突ける選手だよ」と指揮官。ただ おそらくはまずはジョーカーとしての起用となるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報